旭ジャズまつり

2006年旭ジャズまつり

数日前まで雨の日が多く、空模様が心配されましたが幸い16年雨知らずを更新とあいなりましたが、ちょと風が強く、観客の皆様には気持ちよい風でしたが、ステージ上のミュージシャンにとっては、譜面が飛んでしまうなどちょとやっかいな風でありました。
アマチュアステージは初出場のアカペラグループ「うみねこや」の素敵なハーモニーで始まり、初出場のビッグバンド「EM2」、これまた初出場のデキシーグループ「ザ・サーフサイド・ストンプ」、またまた初出場の「LOVE BEER」と進み5回目の出場となる「Lee Sarah Special Big Band」の熱演でプロステージへ。
初出場のグループの多いステージでしたが楽しく素晴らしい演奏でした。

プロステージは、旭ジャズまつり恒例のデキシー、「外山喜雄とデキシーセインツ」の明るく楽しい演奏で幕開け、「H-Sumptuous+江藤良人」のハーモニカとドラムスの絶妙なバランスとハーモニーに観客もお~お~と、盛り上がる。
3番手は第39回スイングジャーナル選定・ジャズ・ディスク大賞・ボーカル賞(国内部門)の“MAYA”が率いるTAKE TENで観衆が盛り上がる。つづくはお馴染みの“今田勝”今年は昨年の“JAZZ生活50周年記念リサイタル"のメンバーでの演奏でジャズの楽しさをたっぷりと聞かせた。そしてラストステージは昨年に引き続き「原信夫とシャープス&フラッツ」に北村英治をゲストに迎え夜の野外ステージでの演奏に観客も演奏者ものりにのって、おおいなる盛り上がのうちにラストを迎え幕を閉じた。
 
ご来場の皆様、ご協力くださいました皆様、そして素晴らしい演奏をしてくださいました出演者の方々有難うございました。

バンド名をクリックするとスライドショーが表示されます。(音は出ません、表示に時間が掛かることがあります。)
Videoタグ非対応のブラウザでは静止画となります。


暦年のハイライト写真

2017ハイライト
2016ハイライト
2015ハイライト
2014ハイライト
2013ハイライト
2012ハイライト
2011ハイライト
2010ハイライト
2009ハイライト
2008ハイライト
2007ハイライト
2006ハイライト 2006 Valentine Concert
2005ハイライト
2005 Valentine Concert
2004ハイライト 2004 Valentine Concert
2003ハイライト
2002ハイライト  2002 Valentine Consert
2001アマチュアステージ
2001プロステージ 2001Valentine Concert
2000ハイライト
ページの先頭へ

Valid XHTML 1.0 Transitional ご連絡・お問合せなどはこちらのフォームからお願いします。

旭JAZZまつり実行委員会  AllRight Reserved